手間なしの侵害対策

YouTubeコンテンツIDを登録したものの、著作権者にとってルールの適用を選ぶ以上の管理は簡単ではありません。閲覧停止にしても、さらなるコピーが無許諾で行われる可能性があり、侵害対策は常に必要となるのです。収益化支援サービスでは、侵害対策なども対応可能です。

コンテンツIDを登録すれば、無許諾コンテンツの検出は自分でも可能です。しかし、YouTube内でだけ無許諾アップロードされているとは限らないのが、ネットの困ったところ。他サイトでコンテンツが侵害されているとなれば、検出機能すら使えず、ひたすら検索をして侵害サイトを探す他ありません。そのような手間のかかる侵害対策も、収益化支援サービスでは行ってくれます。

さらには、新旧のコンテンツIDをまとめて管理および整理してくれるのも便利です。YouTubeへの登録から行ってもらうことも可能ですから、コンテンツを預けさえすれば後はお任せでOKのサービスなのです。

YouTubeコンテンツIDの幅広い侵害対策、コンテンツ自体の整理や登録など、細かな手続きは全て収益化支援サービスに任せて、著作権者はコンテンツ制作に集中できるのが、収益化サービスの大きな魅力です。