YouTubeコンテンツID

YouTubeにアップロードした自作の動画コンテンツは、YouTubeコンテンツIDとして著作権事前登録をしておけば、広告収入を得られます。ところが、無許諾で他人に動画をコピーおよびアップロードされてしまうと、コピー動画に広告収入を持っていかれてしまう可能性があります。その防止策となるのが、ここで紹介する支援サービスです。

管理が煩わしいYoutubeコンテンツIDですが、放置しておけば他人に収益が流れてしまう可能性が大きくなります。収益化をサポートしてくれるサービスを利用すれば、面倒な手間なしに動画や音楽の著作権収益を一括管理してもらえます。コンテンツIDによる収益の受け取りをはじめ、さまざまなサポートサービスを提供してくれます。

収益化支援サービスでは、YouTube以外のサイトでの侵害対策も行ってくれます。さすがに他サイトでまで著作権を侵害されてしまうと、追いつくことすら難しくなります。プロ級の侵害者も存在しますから、そのような対策はこちらもプロに任せるのが得策です。コンテンツを預けておけば、整理やYouTubeへの登録も行ってくれるのが、便利です。

収益の全てを把握するには、細かな分析が必要です。しかし、分析にかかる手間暇は、人気のあるコンテンツIDほど並大抵のものではありません。そこで収益化支援サービスに依頼すれば、収益レポートを作成してもらえます。収益状況の把握も、レポートを一目見ればOKとなるのが、効率アップに役立ちます。